お家で薬膳

国際薬膳調理師がお家で作る、薬膳料理や中国家庭料理を紹介する、「レシピブログ」です。

干し蛸、黒目豆、蓮根、豚スペアリブのスープ

f:id:hide8460:20220113194319j:image

「章魚干」と呼ばれる「干し蛸」を使った中国の家庭料理です。干し蛸は、スープがもっともポピュラーな使い方ですが、その他、煮込み料理等々に使用したりもします。

f:id:hide8460:20220111210836j:imageその「干し蛸」と組み合わせる蓮根は、中国でも縁起物の食材です。しかし、日本とは、その意味が異なります。蓮根は、発音から、「心が通じ合う」と言われています。

 

(薬膳効能)

冬は、腎臓機能が負担を受けやすい季節です。その対策となる効能を、豚肉、黒目豆は、持ち合わせています。また、秋から続く乾燥の対策となる効能を、豚肉、蛸は、持ち合わせています。

蓮根、黒目豆は、胃腸の調子を整える効能を持ち合わせ、食材からの栄養をしっかりと身体に取り入れる手助けとなります。

 

(作り方)

  • 豚スペアリブ    250g
  • 蓮根        200g
  • 人参        100g
  • 生姜薄切り     4枚
  • 干し蛸       15g
  • 干し椎茸      4枚
  • 棗         1ヶ
  • 黒目豆       15g
  • 陳皮        少々


f:id:hide8460:20220113200112j:image

  1. 蓮根、人参を食べやすい大きさにカットします。
  2. 鍋に水1.2キロ程を沸かし、豚スペアリブ、生姜薄切り、干し椎茸、干し蛸、棗、黒目豆、陳皮を加え蓋をして、45分弱火で煮込みます。
    f:id:hide8460:20220113201846j:image
  3. 鍋から干し椎茸、干し蛸を取り出し、食べやすい大きさにカットし鍋に戻します。蓮根、人参を加え蓋をして、45分弱火で煮込みます。
  4. 塩小さじ1/4程で味付けします。味が物足りないときは、旨味調味料、砂糖を少々加えます。
    f:id:hide8460:20220113202452j:image