お家で薬膳

国際薬膳調理師がお家で作る、薬膳料理や中国家庭料理を紹介する、「レシピブログ」です。

羊肉と当帰、黄耆、山薬、棗のスープ

f:id:hide8460:20220215165141j:image
最古の宮廷薬膳料理とも言われる『当帰生姜羊肉湯』のアレンジレシピです。

 

 

 

薬膳効能

『当帰生姜羊肉湯』は、冬の薬膳スープです。

生薬である「当帰」は、補血薬に分類され、寒い冬に滞りがちな、血の巡りの改善や、滋潤等に効果を発揮します。

「生姜」は、脾胃を温める…温めることで、寒邪を取り除く…などの効能を持ち合わせ、「羊肉」もまた、脾胃や足腰を温める…などの効能を持ち合わせます。

つまり、『当帰生姜羊肉湯』は、身体を足腰から温めながら、血の巡りやその内容を高めるスープと言えます。

さらに加えた生薬、「山薬」「黄耆」「棗」は、補気薬に属し、気力UPや食欲不振の改善…等々の効果が期待出来ます。

 

材料
  • ラムチャップ   4本
  • 生姜薄切り    4枚
  • パクチー     適量
  • 当帰       5g
  • 黄耆       5g
  • 紅棗       4ヶ
  • 山薬       15g


f:id:hide8460:20220125180404j:image

作り方
  1. 山薬を食べやすい大きさに折り、一晩水に浸けます。
  2. 当帰、黄耆をお茶パック等に詰めます。
    f:id:hide8460:20220125180836j:image
  3. 鍋に水1.5㎏を沸かし、ラムチャップ、生姜薄切り、当帰、黄耆、紅棗、山薬を加え、蓋をして弱火で1時間半煮込みます。
    f:id:hide8460:20220125181306j:image
    f:id:hide8460:20220125181335j:image

  4. 当帰、黄耆を取り出し、塩小さじ1/4で味付けします。
  5. スープを器に盛り、パクチーの葉を添えます。