お家で薬膳

国際薬膳調理師がお家で作る、薬膳料理や中国家庭料理を紹介する、「レシピブログ」です。

トマトと卵の炒め

f:id:hide8460:20220623214751j:image
中国の家庭料理「蕃茹炒鶏蛋」に、茄子をちょい足しした『お家版レシピで』す。

 

 

薬膳効能

トマトは、熱中症や脱水症状などの原因となる暑邪を取り除く「解暑」、暑さにより失われがちな体内水分を作り出す「生津」、夏に負担を受けやすい胃の調子を整える「健胃」…などの効能を持ち合わせ、夏のお勧め食材の一つです。

卵は、体力回復の効果や、貧血の対策ともなる「補血」の効能を持ち合わせます。

ちょい足し食材の茄子は、体内の異常な熱を冷ます「清熱」、浮腫みや食欲不振などの原因となる湿邪を尿として排出する「利水」、夏に負担をうけやすい脾の調子を整える「健脾」…などの効能を持ち合わせます。

…など、ジメジメと蒸し暑い夏にお勧めの料理です!!

 

材料
  • トマト    1ヶ
  • 玉葱     1/4ヶ(40g)
  • 茄子     1/2本(40g)
  • しし唐    6本(15g)
  • 卵      3ヶ

(調味料)

  • 水      50cc
  • ケチャップ  大さじ1.5
  • 酢      小さじ1/2
  • 塩      少々
  • 砂糖     小さじ2.5  
  • 胡椒     少々
  • 水溶き片栗粉 片栗粉(小さじ1)、水(小さじ2)
  • ごま油    小さじ1/2 

f:id:hide8460:20220628195809j:image

 

作り方
  1. 玉葱、茄子はスライス。しし唐は、ヘタを取る。トマトは8等分にカットして皮を包丁で削ぎ切り。卵を割り、塩、胡椒、ごま油少々(分量外)を加え混ぜ合わせる。

  2. フライパンを良く温め、サラダ油(大さじ1)を敷き、卵を炒め取り出す。
    f:id:hide8460:20220626015801j:image
  3. フライパンにサラダ油(少々)を加え、玉葱、茄子、しし唐を炒める。
  4. 水、トマトを加え、ひと煮立ち。ケチャップ、酢、砂糖、塩、胡椒を加えトマトが柔らかくなるまで、弱火~中火で3分程煮込む。
    f:id:hide8460:20220626015850j:image
  5. 2.の卵を加え、ひと煮立ち。火を止めて水溶き片栗粉を加え、へら等で混ぜながら加熱。(水溶き片栗粉は、半分づつ様子を見ながら加える。)ごま油を加える。
    f:id:hide8460:20220626015934j:image

苦瓜と牛肉の餡かけかた焼きそば 豆豉(トウチ)風味

f:id:hide8460:20220614140739j:image
夏が旬の苦瓜を使った、かた焼きそばの『お家版レシピ』です。

豆豉(トウチ)は、黒豆を発酵させた調味料です。豆豉、牛肉、苦瓜は、中国料理で良く組み合わせられます。
f:id:hide8460:20220614212532j:image

 

 

薬膳効能

苦瓜は、熱中症や脱水症状などの原因となる暑邪を取り去る「解暑」…体内に蓄積する老廃物や病邪を取り除く「解毒」…目の霞みや疲れを解消する「明目」…の効能を持ち合わせ、夏のお勧め食材の一つです。

牛肉、豆豉は、夏に負担を受けやすい脾・胃の調子を整える「健脾」「健胃」の効能をそれぞれ持ち合わせ…

麺(小麦粉)は、睡眠障害など夏に陥りやすい心神の不安の対策となる「安神」の効能を持ち合わせます。

など…気温の上がる夏にお勧めの料理です!!

 

材料
  • 苦瓜      1/4本(50g)
  • 玉ねぎ     1/4ヶ(50g)
  • しめじ     25g
  • パプリカ    15g
  • 長葱      25g
  • 豆豉      4g
  • 生姜      2g
  • 牛モモ肉    40g
  • かた焼きそば  1玉

 

(調味料)

  • 塩        少々
  • 旨味調味料    少々
  • 砂糖       小さじ3/4
  • オイスターソース 小さじ2
  • 醤油       小さじ1/3
  • 老抽       少々
  • 胡椒       少々


f:id:hide8460:20220614182005j:image

 

作り方
  1. 牛肉は、細切り。苦瓜は、種・わたを取り除き、細切り。玉ねぎも、細切りに。パプリカは、小さめの乱切り。長ネギは、食べやすい大きさの縦4等分に。生姜は、みじん切り。豆豉は、粗めのみじん切りに。
  2. フライパンを温め、油をひき、牛肉を炒め取り出す。
  3. 2.のフライパンに苦瓜、玉ねぎ、長葱、パプリカ、豆豉、生姜を加え、香りが立つまで炒める。しめじ、炒めた牛肉を加える。
    f:id:hide8460:20220614185229j:image
  4. 紹興酒小さじ1、水200ccを加え、調味料を加える。
    f:id:hide8460:20220614192134j:image
  5. 苦瓜が柔らかくなるまで、弱火で1~2分煮込み火を止め、水溶き片栗粉(片栗粉小さじ2、水小さじ4)を半分加え、混ぜ合わせる。
  6. 火を入れて、餡を混ぜ合わせながら沸かす。様子を見ながら、残りの水溶き片栗粉を、5.6.の手順で加える。
    f:id:hide8460:20220614192219j:image
  7. ゴマ油小さじ1/2を加え、かた焼きそばに盛り付ける。
    f:id:hide8460:20220614191631j:image

 

 

四神湯

f:id:hide8460:20220531225557j:image

台湾の薬膳スープ「四神湯」の『お家版レシピ』です。

四神は、「茯苓」「蓮子」「山薬」「芡実」。この4種の生薬を意味しています。
f:id:hide8460:20220607231603j:image

 

 

薬膳効能

「清熱」「利水滲湿」「健脾和胃」「養心安神」…

体内の異常な熱を冷ます効果…

浮腫み、食欲不振などの原因となる湿邪を、尿として排出する効果…

脾・胃の機能を改善し、消化促進などの効果…

動悸・睡眠障害など心神の不安を解消する効果…

などが期待出来ます。

梅雨・夏の天気は、ジメジメと蒸し暑く…臓器では、脾が負担を受けやすく…

特に夏は、気持ちが不安定になりやすい…と言われています。

それらの対策となる効能を備える、梅雨から夏にかけてお勧めのスープです!!

 

材料
  • 茯苓          15g
  • 蓮子          15g
  • 山薬          15g
  • 芡実          15g
  • ハト麦         15g
  • 豚肩ロース       200g
  • 白モツ(ボイル済み) 100g
  • 白葱          60g
  • 生姜薄切り       8枚


f:id:hide8460:20220607231658j:image

 

作り方
  1. 山薬、蓮子、茯苓、芡実、ハト麦を一晩水に漬けザルにあける。
    f:id:hide8460:20220608004328j:image
  2. 小鍋にお湯を沸かし、豚白モツをボイル。水で流しながら、揉み洗い。この作業を三回繰り返しザルにあける。
  3. 豚肩ロース、白葱を食べやすい大きさにカット。
  4. 鍋に1.2kgのお湯を沸かし、日本酒大さじ2、全ての材料を加え、蓋をして弱火で90分煮込む。
    f:id:hide8460:20220608004402j:image
    f:id:hide8460:20220608004424j:image

  5. 塩小さじ1/4、胡椒、旨味調味料、砂糖少々を加え味付け。豚モツの臭いが気になる時は、日本酒適量を加え、ひと煮立ちさせる。

清補涼湯

f:id:hide8460:20220524001640j:image
「清補凉」は、香港や台湾の食材店で、家庭で作る薬膳スープ用に販売されている、数種の生薬をパックにしたものです。この生薬のパックは、沢山の種類があります。その中でも「清補凉」は、最もポピュラーなもので、日本の中華食材専門店でも、販売されています。

f:id:hide8460:20220522231229j:image

f:id:hide8460:20220527021143j:image

 

 

薬膳効能

「健脾除湿」「養陰生津」「養心安神」「滋陰潤肺」…

浮腫みや食欲不振などの原因となる湿邪を、尿や汗として排出する効果…

内水分を作り出し、乾燥状態の改善…内熱を冷ます効果…

動悸・睡眠障害などの心神の不安を解消する効果…

内水分の増強を促し、肺に潤いを与え、その機能を改善する効果…

などが期待出来ます。

夏の天気は、ジメジメと蒸し暑く…臓器では、脾が負担を受けやすく…気持ちが不安定になりやすい…と言われています。

秋の天気は、寒暖差が大きく、空気が乾燥し…臓器では、肺が負担を受けやすい…と言われています。

それらの対策となる効能を備える、夏から秋にかけてお勧めの万能スープです!!

 

材料
  • 清補涼      80g
  • 豚スペアリブ   300g(4キレ)
  • トウモロコシ   1本(200g)
  • 生姜薄切り    4枚

f:id:hide8460:20220527021225j:image

 

作り方
  1. 清補涼を一晩水に浸け、ザルにあける。トウモロコシを食べやすい大きさにカットする。
    f:id:hide8460:20220528221754j:image
  2. 鍋に1.2㎏のお湯を沸かし、豚スペアリブ、生姜薄切り、1.の清補涼を加え、蓋をして弱火で45分煮込む。
    f:id:hide8460:20220528222633j:image
  3. トウモロコシを加え、蓋をして弱火で45分煮込む。
    f:id:hide8460:20220528222848j:image
  4. 塩小さじ1/4で味付け。味が物足りないときは、旨味調味料、砂糖を少々加える。

 

海苔、白菜の卵とじスープ

f:id:hide8460:20220512111058j:image

中国福建省の海苔「紫菜」を使った玉子スープ「紫菜蛋花湯」の『お家版レシピ』です。

f:id:hide8460:20220512152921j:image

「紫菜」は、日本の海苔とは違い、そのまま食べるのではなく、スープなど加熱する料理に使います。

 

 

薬膳効能

「利水」「清熱」「健脾」…

浮腫みや食欲不振などの原因となる湿邪を、尿として排出する効果…

体内の異常な熱を冷ます効果…

脾の働きを改善し、消化促進などの効果…

などが期待出来ます。

梅雨・夏の天気は、ジメジメと蒸し暑く…臓器では、脾が負担を受けやすい…と言われています。

それらの対策となる効能を備える、梅雨から夏にかけてお勧めのスープです!!

 

材料
  • 紫菜        15g
  • 豚肩ロース     250g
  • 白菜        100g
  • 人参        30g
  • 干し椎茸スライス  5g
  • 卵         2ヶ
  • 生姜薄切り     4枚

f:id:hide8460:20220512153204j:image

 

作り方
  1. 紫菜は4㎝角、肩ロースは3㎝角にカット。白菜、人参は、1.5㎝幅の薄切りに。
  2. 鍋に1.2㎏のお湯を沸かし、肩ロース、生姜薄切り、干し椎茸スライスを加え、蓋をして弱火で45分。
    f:id:hide8460:20220512153236j:image
  3. 白菜、人参を加え、蓋をして弱火で20分。
    f:id:hide8460:20220512153258j:image
  4. 紫菜を加え、蓋をして弱火で5分。
    f:id:hide8460:20220512153339j:image
  5. 塩小さじ1/4、胡椒少々で味付け。味が物足りない時は、旨味調味料、砂糖少々を加え、卵でとじる。
    f:id:hide8460:20220512153407j:image

金針菜、白菜と豚スペアリブのスープ

f:id:hide8460:20220412222359j:image

台湾の家庭料理「金針排骨湯」の『お家版レシピ』です。

日本で流通する金針菜は、乾燥したものがほとんどです。その金針菜は、蒸してから乾燥させた茶色のものと、そのまま乾燥させた黄色のものがあります。今回のレシピでは、茶色のものを使用しています。

 

 

薬膳効能

金針菜は、肝臓機能を改善する「平肝」、造血作用「補血」、デトックスの手助けとなる「清熱」「解毒」など、春に必要となる効能を多く持ち合わせています。

また、豚スペアリブは、体内水分の増強「滋陰」。白菜は、消化促進「健脾」の効能を持ち合わせ、春にお薦めのスープになります!!

 

ouchi-yakuzenn.com

 

材料
  • 金針菜       16g          
  • 白菜        80g
  • 人参        60g
  • 干し椎茸      4枚(12g)
  • 豚スペアリブ    4キレ(280g)
  • 生姜薄切り     4枚

f:id:hide8460:20220425022511j:image

 

作り方
  1. 金針菜を水に30分程漬け、付け根の硬い部分を取り除く。
    f:id:hide8460:20220425022405j:image
  2. 白菜、人参を食べやすい大きさにカットする。
  3. 鍋に1.2㎏のお湯を沸かし、干し椎茸、豚スペアリブ、生姜薄切りを加え、蓋をして弱火で45分煮込む。
    f:id:hide8460:20220425022613j:image
  4. 干し椎茸を取り出し、じくを取り除き、食べやすい大きさにカットし鍋にもどす。金針菜、白菜、人参を加え、蓋をして弱火で45分煮込む。
    f:id:hide8460:20220425023648j:image
  5. 塩小さじ1/4で味付け。味が物足りないときは、旨味調味料、砂糖を少々加える。

 

レバニラ炒め

f:id:hide8460:20220405111510j:image
町中華の定番「レバニラ」の『お家版レシピ』です。

 

 

薬膳効能

ポイントは、豚レバー効果!!韮効果!!

豚レバーは、春に負担を受けやすい「肝臓」「血」「目」の対策となる「平肝」「補血」「明目」の効能を持ち合わせ、それぞれが円滑に働く手助けとなります。

韮は、滋養強壮や疲労回復の要因となる「補腎」の効能の他、「気」「血」の巡りを改善する「降気」「活血」の効能をも備えます。

春は、ストレスのかかりやすい季節でもあり、気、血の巡りは、ストレス対策にも繋がると言われています。

などなど…「レバニラ」は春にお薦めの料理なんです!!

 

材料
  • 豚レバー     100g
  • 韮        100g(1束)
  • もやし      60g
  • 玉ねぎ      60g
  • 生姜薄切り    4g
  • ニンニク薄切り  4g

 

  • 豆板醤      小さじ1/6
  • 紹興酒            小さじ1/2
  • 水            40cc
  • オイスターソース 小さじ2
  • 醤油             小さじ1/2      
  • 老抽(中国醤油) 少々
  • 砂糖       小さじ1/3
  • 水溶き片栗粉      片栗粉(小さじ1/2)、水(小さじ1)
  • 胡麻油      小さじ1/2


f:id:hide8460:20220331131854j:image

 

作り方
  1. 玉ねぎは、スライス。韮は、食べやすい長さにカット。
  2. 豚レバーを4㎜幅のスライス。塩ひとつまみを揉みこみ、流水で15分。血抜きする。ペーパー等を使い水気を切り、塩ひとつまみ、胡麻油小さじ1/4、胡椒少々、片栗粉小さじ1/2で下味をつける。
    f:id:hide8460:20220405105132j:image
  3. フライパンを温めて、油を敷き2.の豚レバーを焼く。
    f:id:hide8460:20220405105528j:image
  4. 3.の豚レバーを取り出し、もやし、玉ねぎ、ニンニク、生姜に豆板醤を加え、炒める。
  5. 紹興酒、水、オイスターソース、醤油、老抽、砂糖で味付け。
  6. 取り出した豚レバーと韮を加え、韮がしんなりする程度炒める。
    f:id:hide8460:20220405110556j:image
  7. 火を止めて、水溶き片栗粉、胡麻油を加える。汁気にとろみがつくまで炒める。
    f:id:hide8460:20220405111036j:image